FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

184☆ ピクチャートレイン

184☆ ピクチャートレイン

ある日、学校から帰宅した二男の連絡帳に

一通の手紙が入っていた。


「 何だろう…? 」と、開いてみると、

* ピクチャートレイン美術館ご招待 * と、ある。


「 えっ? ピクチャートレインって、なに? 」

私は、何も知らなかったのだったが、

毎年、障害者週間に合わせて、JRの電車内に

障害のある児童、生徒の絵画作品を展示しているとの事であった。


障害のある児童、生徒や 障害教育への理解促進、啓発を図り、

心のバリアフリーを広げることを目的とするイベントだそうで、

今回は、山手線と、京浜東北線の車内に 展示されるとの事だった。


どうやら、二男は、そのイベントの学校代表に選ばれたらしい。

二男は、絵を描くのは あまり得意ではなかったので、

まさか、学校代表になるなんて…

考えてもみなかったのだった。


「 いったい、どんな絵を描いたのだろう…。 」

私は、気になって仕方なかったのだった。


手紙には、* 児童、生徒招待デー * と、ある。

品川駅に、ピクチャートレイン美術館 ( 山手線1両編成 )を停車させて、

オープニングセレモニーと、内覧会に招待するというものだった。


私は、二男の絵が気になって、担任に 尋ねてみた。

すると、「 花の絵ですよ。」との事。


「 へぇ〜、何の花を描いたんだろう…。」

私は、ますます、気になって仕方ないのだった。



内覧会の当日…

私は、二男と長女と共に、品川駅まで、いそいそと出かけて行った。


二男の絵は、どこにあるのだろう…

三人で、展示してある たくさんの絵の中から、ひたすら、

花の絵を探したのだった。


花の絵だとは聞いていたものの、実際に見た訳ではないので、

1358点もの絵の中から、二男の絵を探し出すのは、大変であった。


「 あった!! 」

長女の声を聞き、私は、慌てて、長女のそばに駆け寄った。

そして…

長女の指差す方を見上げたのだったが…


「 ・・・ 」

一瞬、言葉を失った。


「 すご〜い !! 」


そこには、コップに差した一輪の花を

真上から見た図が…。


コップに差した一輪の花…

もし、私が描いたなら、少し斜め上からの目線で、描いたであろう。


だが、二男は、横からでもなく、斜め上からでもなく、

真上から見て、 描いたのだ。


なんという発想だろう…

花を 真上から見るなんて…


私は、ただただ 驚いていた。


普通の人には無い感覚、ありきたりではない物の見方…



二男の絵は、見る者の心に響くような、インパクトのある絵であった。


私は、二男の絵が 選ばれた理由が分かったような気がした…。


人と違う感覚を持つ二男を、私は、再認識したのであった。



二男は、驚いている私たちの前で、ちょっとだけ得意そうに

笑ってみせてくれたのだった。




ご訪問 ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると、とても励みになります。
どうぞ よろしくお願い致します。m(_ _)m
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。