FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

175☆ 一時帰宅

175☆ 一時帰宅

長女の入院から、三週間…


平日は、二男の学校の保護者会や委員会に出席したり、

家事をしたり…

土日は、主人と二男と三人で 長女の面会に出かけたり…

あっという間に、時が過ぎて行った。



約一ヶ月の入院との話だったので、少しは ゆっくりできるかなと

思ったのだったが、忙しい日々の繰り返しであった。


休日に 面会に行くので、主人も私も、二男も、

実際は、休みがない状態で…

身体は、とても疲れているのだった。



退院の日が近づいて、長女は、医師の勧めで、

一時帰宅をすることになった。


土曜日に家に帰宅、一泊して、日曜日の夕方5時までに

病院に戻る…との約束だった。


長女は、家族との交流を避けていたので、

退院しても、家族と上手くやっていけるかを心配しての、

医師の配慮であった。

一時帰宅してみて、家族との問題がなければ、退院の許可がおりるが、

上手くいかなければ、退院は延ばすとの事であった。



そして、四週間目の土日に、長女は 一時帰宅した。

まだ、少しばかり不安定な様子を見せていたが、

この外泊が 上手くいかなければ、また 入院が延びるというので、

家族と トラブルを起こさないようにしよう…と、

長女なりに、頑張って過ごしているようにみえた。


私も主人も、つとめて 平常を装い、あまり意識しないように

いつも通りに 過ごしていたのだった。


入院前の荒れた様子も見せず、

長女は、緊張しながら 一晩を過ごし…

翌日の夕方、私たちは、また、

長女を病院まで送って行ったのだった。



無事に、一時帰宅が終了し、医師の許可がおりて…

長女は、翌日、正式に退院したのであった。





ご訪問 ありがとうございました。
ブログランキングに 参加しております。
クリックして頂けると、嬉しいです。
どうぞよろしく お願い致します。m(_ _)m
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

mioさん。こんにちは。
一時帰宅は問題なくクリアしたのですね。
そして、退院。
この先の回想記事が気になります。

一日、な~んにも予定がなくて
の~んびり過ごす日がないのは
以外に疲れますよね。
学校行事、委員会。離れた病院。
その場その場で気を遣い
移動して。帰宅して家事をして。

時間があるようで、ないって感じでしょうか。

回想記事なので、mioさん。疲れがたまってないか?
と、心配しなくてよいのが
このブログの良いところですね。(笑)

でも。当時のmioさんは
さぞかし、お疲れだったと思います。

続きを楽しみにしております。(*^^*)

くろくろ様 ♪

こんにちは。
コメントをありがとうございました。

はい、一時帰宅は 問題なく…(笑)でした。
さすがに、入院で 自由が奪われるのが 嫌だったのでしょうね。
おとなしくしていましたよ。^ ^

医師からは、特別に 病状の詳しい話がないまま
退院になってしまったので…
私たちも、よく分からないままでした。

薬を処方するための検査入院のようなものだったのではと
思っています。
長女も、私たちも 眠れない日が続いていましたから、
お互い 健康を取り戻す為の入院だったのでしょうね。

これを機に…
親子関係が 順調にいけば、問題はなかったのですが…
そう 上手くはいかないのが 人生!(笑)
その後の展開も、楽しみにお待ち下さいね。(*^^*)

回想録ですので、過ぎ去った事ばかり書いておりますが、
今の現状を抱えながらの記述は、苦しい時もあって…
今のほうが よほど大変なのになぁ…と 思ったり、
この やりきれない気持ちを、今、表したい! と、思ったり…。(^^;;

でも、こうして、 くろくろさんや 皆さんに、支えて頂いて…
元気をいただき、続けて来れました。
いつも、ありがとうございます。
とても、感謝しています。

これからも、どうぞよろしく お願い致します。m(_ _)m





管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様 ♪

温かいコメントを ありがとうございました。m(_ _)m

そうですね。
長女は、ひとりで 心細かったでしょうね。

病院の規則正しい生活は、逆に 苦しかったかもしれません。
都立病院でしたから、患者数も とても多く、医師も看護師も
いつも 忙しくしていて、ゆっくり話を聞いて貰える状況では
ありませんでしたから。(^^;;


回想録は…
書いているうちに、自分でも驚くほど、当時の記憶が 蘇ってきて…
不思議なものですね。
ボケ防止に良いかも…と、思ったりしています。(*^^*)

現実は、書いている過去の事より、苦しいことが多いので、
心を落ち着けて書くようにしています。
ですが…まだまだ、修行が足りないですね。(^^;;


いつも、ありがとうございます。
感謝致します。m(_ _)m




  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。