FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
165☆ 語彙  ←165☆ 語彙 【--年--月】の更新記事一覧 →167☆ 怒号  167☆ 怒号
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

166☆ 嵐の前…

166☆ 嵐の前…

二男が 順調に 学校生活を送っている中で…

長女は、あまり上手くいっていない様子を、時折 見せていた。


私は、長女の様子が、気にはなっていたが、

長女のほうから 特別 話も無かった為に

これと言って、何かを働きかけるでもなく、

日常を忙しく過ごしているのだった。


環境が変わり、学校を転校し…仲間との関係に悩みながらも、

学校のある横浜まで 出かけて行く長女の後ろ姿を見送りながら…

ただ、祈る毎日であった。


暮れには、初めてのアルバイトも経験して、その失敗談も聞いていたが

慣れていけば、そのうちに出来るようになるよ…と、

呑気に構えていたのだった。



長女は、学校から帰ると、アルバイトに行き…

夕方からは、大学のサークルにも顔を出すようになっていた。


毎晩、サークル活動を終えて、遅くに帰宅する長女は、

だんだんと疲れ果てて、表情も暗く…

さすがに 私たち夫婦も、心配になってきたのだった。



主治医から 薬を貰っているのに、具合が悪いと言って、

自分で見つけてきたクリニックを受診したり…

大学のサークルのメンバーに、泣きながら 深夜電話をかけて、

明け方まで 相談したり…


明らかに、今までとは異なる事態である事を、私たちは、感じていた。

事態は、深刻であった。

長女の心は、だんだんと、私たちから遠ざかって行くのであった。



そんなある日の事…



長女の異変を思い知らされる事態に、私は、なすすべもなく

途方に暮れてしまったのであった…。





ご訪問、ありがとうございました。
ブロクランキングに参加しています。
クリックして頂けると、嬉しいです。
どうぞ、よろしくお願い致します。 m(_ _)m
↓ ↓ ↓

こちらも、よろしくお願い致します。m(_ _)m
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
165☆ 語彙  ←165☆ 語彙 【2014年08月】の更新記事一覧 →167☆ 怒号  167☆ 怒号
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆ 鍵コメ様…

コメントをありがとうございました。

お返事が遅くなり、申し訳ありませんでした。
いつも、温かいお言葉をありがとうございます。

二男は、そこまでしなくていいよと、思うほどに
家族の為に動いてくれます。
その時々で、家族が必要としている事を感じ取り…
サッと用意してくれたりします。

食事のメニューを知らせると、いつの間にか、
その材料が キッチンに並べられていたり…。
調理の良いアシスタントになりそうです。(笑)


改めて、メールをさせて頂きますね。
よろしくお願い致します。m(_ _)m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆ 鍵コメ様…

コメントをありがとうございました。

早速、拝見させて頂きました。
お返事もさせて頂きましたので、
どうぞよろしくお願い致します。

いつも、ありがとうございます。

NoTitle

嵐の前。毎回のことながらドキドキします。
続きが気になって気になって。

だけど、世の中には、嵐の前にも気が付かず
嵐になっているのにも気が付いていない親もいるようにも
思います。気が付いてもらえない子供たちは
もっともっと荒れてしまう。
そのストレスが友達やクラスメイトに向けられたり。
その方が問題だと毎回思ってしまいます。

子どもの心が遠ざかっていく。
ただいまの顔が疲れ切っていて笑顔がない。
親として、これほど心配なことはないですよね。
笑顔でただいまって帰ってきてくれるのが一番うれしいですから。

mioさんご夫婦も、異変に気が付いたときは
それはそれは心配だったでしょう。

続きを待っています!

くろくろ様…

コメントをありがとうございました。
お忙しい中、コメントを下さいまして ありがとうございます。
毎回、続きを楽しみにして下さって、とても嬉しいです。

長女の笑顔が消えて、私たちから、心がどんどん離れて行った時は、
心配でなりませんでした。

もう、大人なんだから そっとしておけば良いと考える一方で、
いや、やっぱり変だぞ…と、嫌な予感がしたり…。

子どもから笑顔が消えた時は、要注意ですね。

顔で笑って、心で泣いて…
子どもの前では、何があっても動じない親になれたらいいなと
思いますが…私には、なかなか難しい課題です。^^;

どんな嵐が吹くか…
私たち夫婦の その後…を、お待ちくださいね。(*^^*)

温かいコメントを ありがとうございました。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。