FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

147☆ 偏見

147☆ 偏見

二男は、買い物が大好きで、休日は 家族揃って 買い物に出かけるのが
常であった…。

買い物に連れていくと、嬉しくて はしゃいでしまい
大きな声を出して、ピョンピョンと跳ぶので…

やたらと目立ってしまい、よく行く場所では
顔を知られているのだった。



ある日、学校の帰り道 …
どうしても、駅前の百貨店に行くと言って きかないので

「 静かに買い物をするんだよ!」

と、約束をして 入ったのだったが…


すぐに、うどんの試食コーナーに行き…
試食品を指差して、

「 ください!! 」と、言ったので、
「 ダメだよ… 」と、注意したら…

男性の店員さんが、
「 いいんやない…! 」と、仰って…うどんを下さった。


差し出されたうどんを、音を立てて ツルツルっと 食べると…

「 美味しそうに食べるね〜! 」と、笑顔で答えて下さったので
お礼を言って、ご馳走様をしたのだったが…

二男の事を、快く 受け入れて頂いて 嬉しい気持ちになったのだった。



うどんや蕎麦やラーメンが 大好きな二男は、
催事場などの試食コーナを見つけると、一目散に走って行き…

下さい…と 手を伸ばすので…
私は、試食コーナーが 苦手なのだが…


そんな時、店員さんが 理解のある人だと
嬉しくなってしまい…つい、いらない商品を買ってしまう事もある。


けれども、百貨店などの催事場であっても、
中には、理解のない人もいる…。


ある時の事…

二男は、試食品を食べたくて、
「 下さい! 」と、手を出したのだったが、

店員さんが、全く 知らん顔をするので…

「 うどん 食べる人〜 ハーイ!」と、
自分で言って、 手を挙げて 待っていた…。

ところが…

後からやって来る客たちには、ハイ ハイ!と、次々に
試食品を渡していくのに…

目の前の二男を、その店員さんは 無視し続けたのだった…。

あまりの意地悪に、一緒にいた長女は いたたまれなくなって
二男の手を引いて、その場を離れたそうだった…。


もし、私が その時、 二男と一緒にいたら、
店員さんは、同じ事をしただろうか…

二男が ひとりでいたから、そのような事も平気で出来たのでは
ないだろうか…。

あからさまに、こんな差別をされては
二男も、悔しかったに違いない。


接客のプロであるなら、客の扱いに こんな差別をする事は
許されないだろう…。

私が、この店員の上司なら、叱り飛ばしているところである。


障がい者だから、あるいは、子どもだから…
絶対に買わないと分かっているから…

そんな理由で、差別をされるのでは、たまらない…。


平等とは、何だろう…

障がいに理解のない 心ない人たちの偏見には、

いつも 複雑な思いを させられるのである…。


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆ 鍵コメ様…

コメントをありがとうございました。
いつも、ありがとうございます。 m(_ _)m

子どもだから…という理由で、受け入れて貰えない事って
意外と多いですよね…。

成人していても、障がい者とわかると 途端に、
嫌な顔をされたり、ジロジロと見られたり…

二男の場合は、大きな声を出したり、ピョンピョン跳んだりする事が
あるので、驚いて、避けられたり…

連れて出かけると、周囲の視線を冷たく感じる事も とても多いです。


たった一杯の試食用のうどんでさえも、偏見による差別で
人並に扱って貰えない現実…

障がいや、弱さを持つ人たちの理解が得られ、
暮らしやすい社会になると 良いですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。