FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
142☆ 動揺  ←142☆  動揺 【--年--月】の更新記事一覧 →144☆  恵み  144☆ 恵み
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

143☆ 演技

143☆ 演技

ある程度の覚悟はしていたものの…

鳴り響いた電話のベルは、私の緊張を一気に押し上げた…

心臓の鼓動が 更に激しくなった…



深呼吸をして…

私は、受話器に手を伸ばした。



「 もしもし…。」


平静を装った…。

こちらのドキドキが 伝わらないようにと、必死だった。



「 おかあさん…」


か細い声が 聞こえてきた…。


私は、ホッとした…

長女は、まだ生きている…




「 死にたいよう…。」


「 どうしたの? そんな事言わないで、帰っておいで…。」



つとめて、明るく 自然に振る舞った…

私にとって、一世一代の演技であった…。



それから、何を長女に話したのか…

ほとんど 覚えていない…

だが… その時の張り詰めた緊張感は、今でも 忘れられない…



長女は、私と話した事で 安心したのか、帰って来ると言う…。



良かった…

本当に良かった…

神様、ありがとうございます!


私は、心から 感謝したのだった…。



最終列車に ギリギリ間に合う時間であった…。

その日、主人は 出張で 家には居なかった。

私は、二男と一緒に、 駅まで 長女を迎えに行ったのだった…。


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
142☆ 動揺  ←142☆  動揺 【2014年01月】の更新記事一覧 →144☆  恵み  144☆ 恵み
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

☆ 鍵コメ S 様…

コメントをありがとうございました。
いつも、ありがとうございます。

親として、子どもの自立は、一番心配な事でもあり、
責任も大きいと思います。

生きにくい世の中でも、その人なりの人生を歩んで行けたら
それで良いのではないかと考えています。

先の事を思うと、悩みは尽きませんが…

きっと、大丈夫… と、子どもたちの力を信じていきたいです。


自分にできる事は、悔いのないように 今を生きること…
一日一日を大切に 生きていきたいと思います。

子どもたちのために 何ができるのか…
何がしてやれるのか…

何もしてやれないのが 現実なら…
考える力を育てていきたいと思います。


鍵コメ様のように、私も、真摯に生きて いきたいと思います。
いつの日か、良い人生だった…と、感謝できるように
なりたいと思います。

今後とも、よろしくお願い致します。 m(_ _)m



  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。