FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

119☆ 飛行機

119☆ 飛行機

新年度が始まり…

長女は 高校二年生、二男は 中学二年生になった…。

二人とも、担任教師は、持ち上がりだったので、
環境の変化は それほど無く、落ち着いて 過ごしていた…。


自分で選んだ専門学校に 入学した長男は…
自らの夢に向かって 歩き始めていた…。




二男の担任教師は、二年目になり…
子供たちの個性や特徴などにも、段々と理解を示し…

日常の生活の中では、問題無く 子供たちに対応して下さり、
順調に 毎日が 進んでいた。


役員の仕事で、学校に行く機会も多かった私だったが、
遠くから 覗く 二男の姿は、落ち着いていて、
楽しそうに 過ごしているのだった。



所属していた劇団の活動は、ますます 忙しくなって…
近隣の学校の課外授業や、老人ホームの慰問に 出かけたりしては、
パフォーマンスや和太鼓を 披露する機会が、増えていた。


休日は 勿論の事、平日も、出番があったりしたので、
ほとんど、劇団の活動に明け暮れる毎日であった。


出番があれば、保護者達は、団員達に付き添って、
準備をしたり、衣装を着せたりしなければならないので…

常に 行動を共にしなければならず…

私は、二男と共に 家を開ける事が 多くなっていったのだった。



夏休みになると、劇団の沖縄公演の開催が 決まり、
団員達と、保護者は 三泊四日の日程で 出かける事になった。


皆、母と子のペアであったが…
私は、ひとりで 二男と外泊する事に 不安を覚えて…
主人に頼んで、一緒に参加して貰ったのだった。



問題は、飛行機であった…。


果たして 二男は、嫌がらずに 乗ってくれるだろうか…。


あの時の事が、トラウマのように なっていないだろうか…。


そんな 私の嫌な予感は、見事に 的中したのであった…。





スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。