FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
115☆ 夢  ←115☆ 夢 【--年--月】の更新記事一覧 →117☆ 静寂  117☆ 静寂
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

116☆ 希望

116☆ 希望

将来の夢を絶たれたかのように見えた長男だったが…

よほど、自分の気持ちを 貫きたかったのだろう…

今度は、専門学校に行くと言い出した…。

もちろん、ゲームのプログラマーになる為だ…。



友人達と同じように、大学を出て、堅実に就職をするのが良いのか…

自分のやりたい事に 挑戦するべきか…

きっと、それなりに 考えた結果なのだろう…。


義父母や、親戚も、誰も反対はしなかった…。

むしろ、大学に進むばかりが 道じゃない!

良くやった!! と、言わんばかりであった…。


長男にすれば…ホッとした事だろう…。

反対されるのを覚悟していただろうから…。



思いがけず、味方が多かったのをいい事に…

長男は、さっさと進路を 決めてしまったのだった。



驚いたのは、担任教師であった。

若い女性教師は、我が家にやって来て…

何度も、「 本当に、いいんですか?」 と、私に 聞いてきた。


「 本人が、そうしたいと言っているので… 」

私が、そう答えると…



担任は、「 絶対に、センター試験を受けさせますから…! 」

何度も、そう言って…諦めきれない表情で 帰って行った…。



しかし、担任の願いも、 叶う事なく…


長男は、センター試験の前に 願書を提出し…

専門学校に 合格したのであった…。


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
115☆ 夢  ←115☆ 夢 【2013年11月】の更新記事一覧 →117☆ 静寂  117☆ 静寂
 

~ Comment ~

NoTitle

周りの方がだれも反対しなかったって。
恵まれていますね。
担任の先生が、センター試験を受けさせる!って
言うくらいなので、成績もよかったのでしょうね。
学歴。とか、大学。とか。
そんなものよりも大切なこと。いっぱいあるし、
自分で見つけた自分の進む道。
それを、まだ18歳で考えられた長男さんて
凄いな~って。素直にそう、思ってしまいます。

私も、↑のように、思っていますが・・・。
進学校の中高一貫に通っていると
なかなか、そうは思えない現実もあり(笑)
有名大学っていうか、国立とか、そういう処へ
行くための、中高一貫って周りも思っていますし。
もちろん、トットはそのために受験したのでは
ないのですけどね。
トットが自分の進路を決めるとき。
自分の意思をしっかり持っていた
長男さんのようになっていれば嬉しいですけどね。

でも、簡単ではない世界への挑戦を
応援できた、ご家族。
それも。家族の力ですね。

くろくろ様…

コメントを ありがとうございました。

長男は、公立の進学校でしたので、誰もが 大学へと進みます。
そんな中での、まさかの専門学校でしたから…
担任が 驚くのも、無理はありません。

大学受験に失敗したから、行くのではなく…
大学受験そのものを やめてしまったのですから…。

誰もが、一流大学を目指して 進んでいる中で、
ただ一人、自分の夢に向かって進もうとしていた長男に
義父母も、応援したくなったのでしょうね…。

私達家族も、信じて 見守るだけでした…。

結果は…

意外な展開に…。(^^;;

続きを楽しみにして下さいませ…。 (*^^*)

NoTitle

私も大学に行けず、夜間の専門学校にいきました。秋葉原の小さな商社に入るには十分でしたが、やりたい事とは違い、夜間大学に行っていればと悔やみました。楽な道を選びました。(その後は、波乱の人生でした)
長男さんがやりたい、ゲームのプログラマーがどんな事を、するのかわかrませんが、「好きこそもの上手なり」自分で、知識を集めると思います。
ただ、センター試験は受けられると、進路が絞りやすかったと、思いますが。
この先社会人になり、職場の人や7358知人達との人間関係の構築、仕事での創造力の発揮などの、スキルが求められると思います。
研究職では、そこの先生に縛られるし、企業戦士は、数字に追われるし、学校の先生は、どうなのでしょう。
勝手をいってすみませんでした。

下町のけんちゃん様 ♪

下町のけんちゃんさん、コメントをありがとうございました。
いつもありがとうございます。

長男は、専門学校で学び、それを生かすために上京しました。
ですが…紹介して頂いた知人の方がご病気になり…
結局、夢を果たせないままになってしまいました。
そうなると、大学に進学しなかったことが悔やまれます。
今となっては、遅いのですが…。

どんな仕事であろうとも、誇りを持って、働けると良いですね。
長い人生ですもの…たとえ、思うような方向に行かなくても、
自分なりに納得した道を歩めるといいなと願っています。
親としては、見守ることしか出来ませんが…。

けんちゃんさん、いつもありがとうございます。
拙いブログを応援して頂いて、とても嬉しいです。
これからも、どうぞよろしくお願い致します。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。