FC2ブログ
 

スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
102☆ 評判  ←102☆ 評判 【--年--月】の更新記事一覧 →104☆ 個性  104☆ 個性
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

103☆ 配役

103☆ 配役

二男の学校の高等部には、障碍者の劇団を主催している教師が いた。

下校後の余暇活動として、始まったのだが…段々と 団員数も増えて、
活動の場も広がり…定期公演をしたり、地域の学校や施設などで
パフォーマンスを 披露したりしていた…。


私は、ずっと、二男が 誰からも 白い目で見られずに、
のびのびと 活動出来る場所はないかと、探していたので…
この劇団の存在を知った時には、とても 嬉しかった…。

是非、入団したいと希望したが、中学生からしか 入れない…との事で、
二男が、中学生になるのを待って、入れて頂いたのだった。


団員数は、26名であった…。

20代後半から、中学生まで、年齢は、様々であったが、
二男は、その中で 一番 年下の団員であった。


毎年暮れに開催する定期公演は、一部が 演劇、二部が 和太鼓や
パフォーマンスで構成されていて、 脚本や演出、音楽や舞台美術、
衣装や小道具など、すべてが 教師たちスタッフや、保護者の
手作りで あった…。


毎週金曜日の夜に、26名の団員が集まり、地域のスポーツセンターで
定期公演の劇の練習をしていたが、団員の保護者たちも集まるので、
いつも センターの中は、賑やかだった。

メンバーの年齢は 様々だったが、保護者の年齢も様々で、
小さな兄弟たちを連れて、練習に参加する保護者もいた…。

障碍を持った子どもを育てている者同志、情報を交換したり、
話を聞いて貰ったり出来る時間は、有意義だった。

自分一人では無い、みんな 同じなんだ…と、励まされたものだった。


二男は、入ったばかりの集団ではあったが、混乱する事も無く、
まるで、ずっと前からいたメンバーのような顔をして、
楽しそうに参加していた。

私は、良かったなぁと安心していたのだったが…
初めての公演で、配役を聞いた時は、びっくりしてしまった。

なんと、主役三人の中に 二男の名前があったからだった…。

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
102☆ 評判  ←102☆ 評判 【2013年10月】の更新記事一覧 →104☆ 個性  104☆ 個性
 

~ Comment ~

NoTitle

えー、二男君、早くも主役ですね。当日の様子が気になりますが、コメントをしたくなって。
地域に、どんな人でも受け入れられる、集団があるのは、素敵だと思います。
娘にも、交遊を広げて欲しくて、区の障がい者サークルに入ってもらいました。
残念ながら、2年半で退会となりました。
演劇が切っ掛けでも、保護者の方の繋がりができたり、お互いに励ましたり、支え合ったりと、とても良いと感じます。団員同士でも、横にいる事を受け入れてもらったり、呼吸を合わせたりと、素敵な交流になると思います。
娘の作業所は、二百人の大所帯です。軽音楽部があり、そこには、参加しています。発表は、作業所の行事や、区のイベントです。
公演となると、チケットを販売し、大勢の方に見てもらうのでしょうね。二男君は、あがってしまわないか、気にかかります。

下町のけんちゃん様 ♪

下町のけんちゃんさん、コメントをありがとうございました。
いつも ありがとうございます。

公演の話は、少し後になりますが…すみません。
順を追って書いておりますので、できましたら、飛ばさずに(笑)、
読んでいただけたらな…と思います。
お陰様で、二男は無事に大役を務める事が出来ましたので、ご安心を!(笑)

娘さんも、軽音楽部に在籍しておられるのですね。
発表会が楽しみですね。
200人もの作業所なんですね。それは、すごいですね。
二男の施設は、その半分くらいの人数です。

二男も、転居と同時に劇団を離れてしまいました。
今は、観劇のみですが、団員として活動していた3年半は、
とても大切な懐かしい思い出になっています。

けんちゃんさん、いつも温かいコメントをありがとうございます。
引き続き、拙いブログをよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

NoTitle

初めから、時間追いで、読ませて頂くつもりでした。(りたりこで読み始めてから)コメントを入れずに次にと思うのですが、「あるある、わかるわかる」で、先に進まずにいます。むしろ、その都度のコメントの方が、生き生きして、自分でも納得出来るようです。
時間は掛かりますが、楽しみ(苦しいものも、ふくめて)ながら、読ませて頂きます。
娘さんは、二男君は、どうなったかな?

下町のけんちゃん様 ♪

けんちゃんさん、何度もコメントをありがとうございます。
その都度のコメントのほうが納得できる…そうですよね。
私も、他の方のブログを読ませていただく時は、そう思います。(笑)

いつも温かいお言葉をありがとうございます。
とても励みになりますし、嬉しいです。

これからも どうぞよろしくお願い致します。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。